アンティオキアでは、32の市町村が雨による公衆災害を宣言

4月5日、アンティオキアの32の自治体が、同省の領土に影響を与えた雨のため、公の災害に遭ったと宣言しました。RCNラジオによると、気候当局は5月か6月まで続くと言っているので、アンティオキアは川の流れと小川に注意を払うように求められました。 アンティオキアリスク管理局の局長であるハイメ・ゴメス・サパタ氏は、ウラミタ、アマガ、モンテベロ、プエルトベリオなどの自治体は、洪水の作物、家、強風、集中豪雨の影響を受けていると述べた。 これまでで最も影響を受けた自治体の1つはアマガで、少なくとも7軒の家屋が倒壊し、12,000人が被害を受けたため、6つの地区と8つの村が雨の影響を受けました。 ダグランの専門家は、マラブリゴとパニアグアの小川の上部でのダミングの可能性に直面してリスク状態を検証および評価し、国勢調査と救急医療におけるリスク管理評議会を支援する地域に出席しています。自治体は人道援助を提供し、道路を遮る物質を取り除きます。 モンテベロでは、雨や強風が発生し、一部の家屋で屋根が失われ、大衆移動によりエルガビラン、ゲッセマネ、エルソコロ、エルカルメロトレイルへのアクセスが妨げられました。都市部では、24家族が影響を受けた。評価中のリスク管理のための市議会。 プエルトベリオのムリーリョ地区では、マグダレナ川の氾濫が報告され、21家族の作物や所有物に洪水が発生しました。一方、アンザでは、6軒の家の屋根が失われ、滑りによりキウナ村の家の壁が崩壊した強風がありました。 コロンビアの雨は止まらず、これは水文学気象環境研究所(Ideam)によって保証されました。これは、にわか雨、嵐、雹の嵐、強風を伴い、国のほとんどで降雨量が増加すると指摘しています。 3月から5月の四半期には、ラグアヒーラとアトランティコ、スクレ、コルドバの沿岸地域を除いて、雨は1991年から2020年の基準気候に非常に近いと予想されると述べた。これらの地域では、20〜30%の降雨量の減少が推定されています。 イデアムのディレクター、ヨランダ・ゴンサレスが説明したように、最近の指標によっていくつかの南部地域では警戒心があります。「過去5日間の降雨により、トリマ、ウイラ、ヴァッレ、カウカ、ナリニョのセクターでアラートがオレンジ色から赤色に増加しました。アマゾンのピエモンテに向かって。プトゥマヨとカケタからは、国の大部分で地滑りの可能性についても警戒しています。」 同様に、リーダーはアンデス地域の住民、特にノルテデサンタンデール、サンタンデール、クンディナマルカ、ボヤカ、アンティオキアの各県に特別な訴えをしました。「今週、特に週末と週末には、降雨量の増加が予想されます」 と彼は言いました。 クンディナマルカとボゴタの特定のケースでは、「雨天条件」と「数時間の日照時間」が維持されます。この点に関して、ゴンサレスは、ボゴタ川の水位を監視し、地滑りの可能性がある状況に直面した丘陵地帯に注意を払うべきであると指摘した。 「晴れた朝はあるが、特に夕方と夕方には雨天の状態を維持する」とエンティティのディレクターは結論付けた。 読み続ける: ロドルフォ・エルナンデスは、FARCとの和平協定にELNを含めることを提案した ペトロはあなたに耳を傾けます:歴史的協定候補の新しい戦略は何ですか これまでで最も影響を受けた自治体の1つはアマガで、6つの地域と8つの村が雨の影響を受けています。  172 total views

 172 total views

error: Content is protected !!